[ホーム]




デザイン豊富なレンタル掲示板全19種類・日記全9種類!

自分で作成したデザインで日記を表示できる自由レイアウト機能



気が向いたと記 再び





 ■ 2017年5月17日(水)
    ++ 時事ネタ   

 

https://matome.naver.jp/odai/2149470668430951501

典型的な「あんたの常識世間の非常識」だね。
ロンドンブーツの淳の理屈…というか、屁理屈でいうのなら、レイザーラモンの住谷は芸風…キャラを頑なに守らなくてはならないんなら結婚も出来なかったよな、うん。

ん〜、例えばプロレスの話ですが、いくら極悪非道を売りにするヒールレスラーでも、言葉通りリングの外でも極悪非道に振る舞って一般人を理由もなくボッコボコに…という事をやってたら、プロレスという興行そのものが立ち行かなくなるんだよね。古い話を持ち出せば、タイガージェットシンが新宿伊勢丹前で猪木を襲撃したじゃねぇか、なんて言う人もいるかも知れないけど、あれはあそこまでがブック…というか、むしろ暴走したのはシンじゃなくて腕を折っちゃった猪木の方な訳でね。

いやね、私は橋本マナミにはキョーミない…壇蜜の二番煎じ的な印象しかないので擁護する気とかはないんですが、むしろゲス川谷を過剰に擁護している風にも見えるロンドンブーツ淳の方に、ウラ側を勘ぐってしまうんですわ、ええ。

そもそもさ、大本のベッキーとゲス川谷の不倫問題から表面化してるけどさ…こういう何かの芸能界の事例に関して大して関係が深い訳でもない連中までもがあーだこーだ言って本人と無関係な所でバトル勃発…という構図、いい加減鬱陶しくないか?と。例えばこれ

http://girlsvip-matome.com/acv/1065900311.html

あまつさえブログとかtwitterとかで本人同士でやってりゃいいものを、それをワイドショー的に取り上げ大騒ぎ…って、こんな「目くそ鼻くそが繰り広げる醜い論争」、見てて面白いか?

No.237




 ■ 2017年5月12日(金)
    ++ 時事ネタ   

 

先ずはこれ。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170509-18975447-sirabee

財布に入れる云々はまぁ、個人の考え方なのでどうでも良いんですが、シロマなる人物はこだわりはともかくとして少々危機意識には欠けているかと。免許証をよりによって車内に保管しているらしいんですが、車上荒らしにあったらどうするのでしょう。車のカギなんて考えているより簡単に開きますし、仮にカギが開けられなくとも窓ガラスとか割られちゃったらおしまい。防犯装置だって過度な期待をするのはリスキーです。実際車上荒らしどころか自動車そのものの盗難がカギをしていても年に3000件は発生している訳でね。

ICチップと暗証番号導入により以前よりはましになったとはいえ、個人情報保護という観点からの危険がありますし、消費者金融等でなりすましによる不正借り入れをされたり、ましてや犯罪に利用されたりとクレジットカードを無くすのと変わらないレベルの危険があると私などは思うのですが。

コメント欄で書き込みしている人の様に、免許証を落としても再発行すれば済むし、極悪人に拾われでもしない限り警察に届けてくれる…とか思ってるんだとしたら、甘過ぎかと。


http://news.livedoor.com/article/detail/13041814/

川口市といえば、モデルガンやガスガンでマニアックな支持を受けるマルシン工業のお膝元。川を挟んだ足立区には業界シェアトップの東京マルイがあります。そこでこんな事件とは…いやはや…。

本気でトイガン趣味に向き合っている人って、世間での悪評とか裕次郎のお兄さんが記者会見でほざいた出鱈目もいいところな偏見とか、そういう世間の冷たい目ってのを自覚していて、その事にかなり気を使ってその趣味を楽しんでいる人が多いのに、こんな最低限のマナーを…これじゃママにねだって買ってもらった18禁の電動ガンで人が行きかうフツーの公園でサバゲごっこして、それを動画撮影してyoutubeとかに投稿しちゃうバカ中学生と同レベル…いや、もっと酷いわ。年齢だけ20を超えたガキのせいでまた更に肩身が狭い思いをする事になる訳でね、なんとも…。

最初は動物から始まって、反撃とかされない弱い女性や子供を狙うってのがまたクズっぷりに拍車をかけてるよ、うん。こういう奴等某拷問系SM動画配信サイトみたいに素っ裸にした上に手足縛って至近距離から電動ガンでフルオート、位やらねぇと「どれだけ痛いのか」が分からねぇんだろうな、と。

くれぐれも、トイガンはルールを守って楽しみましょう。


https://mainichi.jp/articles/20170513/k00/00m/040/028000c?inb=fa

遂に死亡者が。最近よく報道されてますね、痴漢の容疑者が線路に出て逃亡…という事件。事件についての報道はあって、この死亡事故の件でも死亡した容疑者が事故死なのか、それとも自殺なのか、とかは調査中、とされてますが、
ほんとに痴漢していたのか、という観点からはあんまりコメントする人がいないな、と。

少し前、痴漢冤罪というのが盛んに騒がれていて、通常は女の人(とは限りませんが)が被害者でわいせつ行為を男にされる、というのが痴漢な訳ですが、一時期、女の人が面白半分で痴漢をでっちあげる犯罪が話題になってましたよね。そこでさ、弁護士だかなんだかだというコメンテイターが盛んに

「その場で駅員に足止めされたら警察を呼ばれて絶対に有罪にされちゃうから、先ずはその場から逃げて弁護士に相談しろ」

みたいな事言ってませんでしたっけ?
ネットの記事とかのみならず、テレビ…それも夕方のニュースとかでこういうの耳にした記憶があるんですが。

最近頻発している様に見える「痴漢容疑者が線路に入って逃亡」という奴も、本当は痴漢をやっていないのにいきなり痴漢の容疑者だと騒ぎ立てられて、慌てふふためいて何となく聞いたことがあるその情報にすがってこの行動に出たんだとしたら…どうでしょ、なんだか違う事件に見えてくる気がしてしまうんですが。

あ、当然のことながら私は痴漢を肯定する訳ではないですし、この手の事件で痴漢はなかった、と言いたい訳でもないですよ、念のため。

最後
http://anichil.com/archives/1065784159.html

このフジの番組は見てないんですが、このロシアの娘のお店、「モヤモヤさまぁず」が訪れてるんですよね。その時には「『ガルパン』のコスプレで有名」とかそういうの一切なかったです。(そりゃ見ていて「この人カチューシャのコスプレしてた人じゃね?とはなりましたが)

以前、ここでも取り上げた気がする秋元軍団の衣装がナチスの軍服に酷似して海外からクレーム、という記事で、何故かクレームが来た訳ではない「ガルパン」や「艦これ」に言及し、ある意味責任というか、目線をそらせるかの様な報道がありましたよね。今回のこの過剰反応にも思える公式のコメントって、むしろこのロシア娘のカフェの件よりも無許諾商品についての注意喚起、というのが主旨なのでしょうが…私個人はこの手の報道に対する意趣返し的なものもあったんじゃない?という邪推をしております。

無許諾商品を販売している連中のみならず、マスコミ報道に対しても「都合の良いように作品の名前を利用するんじゃねぇ」というね。

しっかし…「ガルパン」にもなんだかキナ臭い話題が多くなってきた気がします。キレイに劇場版で大団円…で良かったんじゃないかなぁ、とも。

…いや、まぁ見ると思いますが、「最終章」も。

No.235




 ■ 2017年5月7日(日)
    ++ 時事ネタ   

 

ちょっと前の話題ですが

http://culture-channnel.blog.jp/archives/62556805.html

元々ね、藤島氏に関しては「100選」でも全く取り上げていないように正直漫画家としてはあまりキョーミのない人だったりするんです。キャラクターデザインに関わった「サクラ大戦」とか「テイルズシリーズ」とかにもさほどキョーミがない…いや、「テイルズ」はタイトル忘れましたが1本だけプレイしたんですが、はっきり言ってつまらなかったんですよね、ええ。

でもまぁ、漫画家としては「ああ女神さま」とか「逮捕しちゃうぞ」がヒットしてアニメ化とかしてますし、ゲームでも「サクラ大戦」にしろ「テイルズ」にしろ一時代を築いた、といっても過言ではないかもしれない人な訳です。

まぁ、それはともかく年の離れたコスプレーヤーと結婚、とかも「だから何だ」で終わりなのですが、事この「クロバラノワルキューレ」の件に関しては…世間で噂されている様なコネを使ったごり押しとかが事実なのか否か、は超越してしまった悪例となってしまってますね。なんせ、「特定のキャラクターのボイスを任意にoffにできるパッチ」が早々に出てしまうんですから、世に送り出す以前…声を収録した時点で開発元も分かっていたんでしょうね、間違いなく。いやはや…みっともねぇな、と。

まぁ、ゲームに限った話でもないんでしょうけどね。例えば、これは私も一度見て体験しましたが「スケットダンス」のアニメ版で秋元軍団の一人が主人公の妹の声を当てて絶句モノの下手くそっぷりでしたし、映画の人気タイトルなんかでも「人気アイドルの誰それ」とか「話題の芸人の誰それ」とかが話題作りの為なのか起用されて、その下手くそっぷりで悪い方に話題…なんてのはよく聞く話です。いやね、そういう起用方針も上手ければ文句は出ないんですが、大抵が…少なくとも上手くはない訳でね。まぁ、声優への偏見から自作に門外漢ばっかり起用したがる劇場アニメの大御所とかもいますけどね。

ゲームでもアニメでも映画でも何でもいいんですが、ゲームやる人はゲーム自体を楽しみたい訳で、映画やドラマは物語とか演出、演技を見たい訳です。声というのは、所謂「声オタ」とか「声豚」とか呼ばれてしまっている連中以外にとっては全体の中の1つの要素でしかない訳です。そのたかが1要素を、つまらないコネであったり、配給元や製作元の色気であったりで汚してしまうと、その汚れはあっという間に全体に広がっちゃうんですわ。

ネットやSNSで悪評なんかがあっという間に拡散してしまう時代です。もう少し、考えてこういったものの起用に取り組むべきなんじゃねえかな、と。
コネとか色気でごり押されて、結局それが悪評となって客にそっぽ向かれちゃったら…コネ云々とか以前に商売にも関わってくる事。そういうコネとかごり押し優先な時代はいい加減終わりにした方がいいんじゃないか?と。





No.233




 ■ 2017年4月30日(日)
    ++ クローズアップ100選   

 

今回はこれ。

「恋は光(1185)」6巻 その感想及び傾向と対策に関する一考察

言った言った、北代が言ったーっ!!(ザ・マシンガンズvs宇宙一凶悪コンビの実況風に)

宿木さんのアイデアでSNSに西条に見えている謎の光について発信し、同じ様な体質?だとうい女子高生・央と大学の学園祭で会う事になった西条。彼女役として同席してもらっていた北代さんに、央は思いもよらない言葉が飛び出します。

今までで見た誰よりも、北代さんが一番光ってる

前回、この「恋は光」を取り上げた記事を読んだ人は覚えているかもしれませんが、幼少の頃のとあるキッカケで徐々に北代さんは西条に対し友達以上の感情を抱くに至っている…にも関わらず、西条曰く「恋をしている人が光って見える」な彼の目には、北代さんは光っていなかった。それがある種負い目というか、彼女が西条との関係にもう一歩踏み込めない理由、彼との関係を壊してしまうかも知れない自分の気持ちを伝える事への言い訳だった訳です。

それが、央の何気ない一言によって崩される。そこで…遂に北代さん、一歩踏み込んだんです!!いつもの様な軽口が返ってくると確信していた西条を裏切り、今までひた隠しにしていた本心を、遂に…!!

北代さぁぁぁぁん、やったよぉぉぉぉっ!!

確かに、彼女の考えた通りタイミングはこの時しかなかったでしょうね。西条は東雲さんに自身に見えている光について告白し、この機を逃したら今まで通り傍観者になってしまい、最後まで彼に本心を伝える事は出来なかったでしょう。彼女の踏み込みに対し、西条はどう答えを出すんでしょうか。そして東雲さんは気付いたらしい、西条の見る光の正体とは!!

…いやー、続きがもう気になる気になる!!

また、思いがけない北代さんからの告白を受けての西条の心情もね、上手いというか、ズルい。そうだよね、可愛い娘が妙に自分に構ってくれていたら男たるものそりゃ勘違いの一つや二つはしちゃいますわな。そこで素直な気持ちを吐露できなかった原因は、西条の家庭環境であり、見えだした光でもあったんでしょう。そう考えるとさ、西条の光、彼にとっても北代さんにとっても最早「枷」なんだよね、ウン。

…で、光の正体についてワタクシも考えてみたんですが、さだまさしさんの歌に「恋愛症候群〜その発病及び傾向と対策に関する一考察」というのがありましてね、その歌詞に

♪相手に〜求め続けるものが恋〜奪うのが〜恋〜与え続けていくものが愛〜変わらぬ〜愛〜だからありったけの想いをあなたに〜投げ続けられたら〜そ〜れだ〜けで〜いい〜

というのがあるんです。これを踏まえ、西条の見ていたのは「恋心」であり、央に見えていたのは「情愛」なのではないか、と。宿木さんが北代さんへの対抗意識で西条に接近した際に光だした点なんか「恋心」…即ち奪いたい、という心情の典型でしょうし、彼女が西条に関して本気になった際も、北代さんや東雲さんの件を知っているからこそ光っている訳です。東雲さんに関しても同じで、西条を意識しだした背景には北代さんや宿木さんがあった訳で、何より西条を対象に恋というモノを知りたい、という欲求もあった筈。

対して北代さんは、西条が東雲さんに好意を持った時にしろ、宿木さんと付き合うことになった時も西条に対して不満や嫉妬みたいな感情を持つことはなかった訳です。少なくとも西条の前では。その上、こんな発言もしていますね

「私はセンセがどんな結論を出したとしても、それで色々ゴタついても、こうやって一緒にいてやるよ」

これが、北代さんの本心だったんじゃないかと。これはまっさん的な理論でいえば、最早「愛」ですよね、ウン。

…ちなみにこの台詞、私が北代さんというキャラクターにはまった最大の理由です、ええ。

いや〜でもどうなんでしょ。こういう考察、答えが出ちゃう、しかもそれが割と的外れだったりしてると恥ずかしいんですが、楽しいんですよね、やっぱり。




No.232




 ■ 2017年4月28日(金)
    ++ ゲームネタ   

 

今回は最近やってたり買ったりしたゲームのお話をば。
ワタクシ、ハードは3DSしか持ってないんで必然的に3DS限定の話題になります。

「ファイアーエムブレムECHOES」
ファミコンソフト「ファイアーエムブレム外伝」のリメイク。ワタクシ、「暗黒竜」と「紋章の謎」はやってますがそれ以外のシリーズ作品はリメイクを除けば「覚醒」しかやってません。結婚システムとかあんまり好きじゃないんですよね。「ダービースタリオン」みたいで。もっと言えば「新紋章」みたいなマイユニもあんまり好きではないのです。
シリーズでも異端として有名だった「外伝」ですが、それがかえって「ファイアーエムブレム」とは別のゲーム、という風に割り切れて良いかも。SRPGとはいえダンジョン探索はなぁ…とか思ってましたが案外楽しいです。レベル上げにも丁度いいですしね。今回も死んでも復活する「カジュアル」が選べますが、「ファイアーエムブレム」といったら「仲間が死んだらリセット」だと思うので頑なに「クラシック」です。ストーリーは然程変更なしみたいですが、ペガサス三姉妹やカミュの登場は楽しみかも。
現在2章の半ば、個人的にお気に入りキャラはアルム編ならフォルス、セリカ編ならレオです。(笑)

「ゾンゲリパニックナイトメア」
DSのダウンロードソフト「ゾンゲリパニック」の続編…というか、パワーアップ版。ミッションをこなしつつアサルトライフルや火炎放射器、チェーンソーといった武器を買ったり改造したりして新たなミッションを…というアクションゲーム。見下ろし型のアクションゲームで、スライドパットが移動、LRで旋回、という操作になってます。難易度もそこそこで何より慣れが必要なゲームかも。
一定時間閉じ込められてゾンビに襲われる「ゾンビハウス」やら、特定のゾンビにつかまると強力なゾンビが大量に湧きだす「ナイトメア」などギミックも豊富。ただ武器を買うにしろ改造するにしろ、ミッションを新たに買うにしろ何せ金額が高めなのが難点。ミッションにしろ武器にしろもう少しサクサク揃えられる方がよかったんじゃないかな、と。
ワタクシ、現在たった3つのミッションしか選べない状態のまま最強武器のレールガンを購入するという割と暴挙なプレイに走ってます。武器の構成は

メイン スレッジハンマー
サブ アサルトライフル
対ボス レールガン
サポート 医療マニュアル

となってます。

「レッツゴルフ」
ゴルフゲームで、制作は海外のメーカーなのかな?かなり「みんなのゴルフ」風。極ふつーのゴルフゲームで癖もなく楽しめますが、ニアピンマッチがライバルがやたら上手くてかなり苦戦します。マッチプレーで勝つことでライバルキャラがアンロックされますが、飛距離等が伸びて使いやすいのは最初から使える2人の内のマイケルかも。

「クリーピング・テラー」
あの日活が制作したゲームで、往年の「クロックタワー」みたいなホラーアドベンチャーゲーム、という事で購入。主人公は女子高生で、スマホのライトを頼りに離れ離れになった友人を探し、スコップを持った怪人の追っ手から逃れて屋敷からの脱出を図る…というモノ。うん、もろ「クロックタワー」です。
まだダウンロードしただけで未プレイなんですが、期待しています。

「アーバントライアル・フリースタイル」
バイクのゲームですが、こちらはモトGPとかのレースではなくバイクトライアルをベースに、それをスラム街とか割と無茶なところでやってしまう、というゲーム。バイク版パルクールみたいなモンか。
速さを競う訳ではないのでコースのギミックさえ掴めれば走破だけならちょっと頑張ればできますが、高評価を取ろうとするとなかなか難しいゲーム。単純なゲームですがグラフィックも3DSにしてはかなり良く、やりだすとはまっちゃう中毒性が高いゲームです。何げに主人公?のバイク乗りが妙にふてぶてしく、面白いのも特徴。これ、PS3とかにもあるんだってね。

と、いう事で本日はこんな感じで。

No.231



1杯19円!簡単便利なドリップコーヒー、インスタントにさようなら。

携帯メールを送るだけで日記を更新・RSS対応



No. Pass 
Pass

     ++無料レンタル日記-21style++  参考:mkakikomitai Created by Tacky's Room