[ホーム]




デザイン豊富なレンタル掲示板全19種類・日記全9種類!

自分で作成したデザインで日記を表示できる自由レイアウト機能



気が向いたと記 再び





 ■ 2018年5月23日(水)
    ++ 時事ネタ   

 

池上彰さんへ殺害予告をした男が逮捕されましたが、毎度思うのがこの手の有名人への殺害予告投稿は何で、今の時代簡単に足がつくのが分かっているのにインターネットとかで殺害予告とかするんだ?という点。分かってなくてやってるんだとしたら…うん、もっと世間を、世の中を知るべきだね、としか言えませんが。

色々主張はあるんだろうけど、目的の前にグダグダと言い訳がましい事を殺害予告と称してネット上で垂れ流し、相手に被害届出されて逮捕されて本懐を遂げられないって…はっきり言って無能もいい所でしょ。プロシュート兄貴の「ぶっ殺すと心の中で思ったなら、その7時既に行動は終わっている」じゃないけどさ、ホントにやる気あるんならさ、イスラム過激派とかの自爆テロみたいに、やってから声明出せよ。

本気で誰かを殺す度胸も意思もないクセに、軽々しく「殺す」なんて言葉を垂れ流すんじゃないよ、と。

さて、日大アメフト部の悪質タックルの件。
加害者の日大学生が異例の顔出し謝罪会見を開いたことが話題になってます。やった事に対し真摯に向き合い、ああいった形で謝罪をした事に称賛の声が上がる一方、実行を指示したというコーチや監督といった日大アメフト部の上層部に非難の声が集中しとる訳です。

…私は、今回の謝罪会見から今現在まで続く報道…特にテレビメディアの報道姿勢に違和感というか、不快感を感じるんですわ。

先ず、会見に先立って件の選手の代理人から、「まだ若く学生である事を考慮して、ずっとアップで長時間撮影したりする事には配慮願いたい」という言葉があった。にも拘わらず、どこのテレビ局も日大選手をずっとアップで映し続ける。この謝罪会見後、日大選手の対応が立派だと擁護、賞賛する様な風潮にニュースやにワイドショーがなっているにも関わらず、選手の顔をアップで映した会見時の映像を垂れ流し続けている訳です。

このメディアの徹底した配慮の無さは一体全体何なんだろう、と。この件の当事者、かつ加害した側とはいえ、成人したばかりの学生。その顔を無遠慮にさらし者にしておいて、前途ある若者云々的に彼に同情する様な論調をメディアが展開したところで…どの口で言ってるんだこいつ等、と思います。

そして謝罪会見時の記者達の質問内容も…何とかしてこの選手から監督やコーチ陣への、記者達が期待しているであろう言葉、言わば言質を取ろう取ろうというのが見え見えの質問ばかり。もうテレビ局の記者達の中にはこの事件に関するストーリーが出来上がっていて、それに合わせて何とかして日大やアメフト部監督を叩こう叩こうというのがもうあけすけ。言い方を変えているだけで同じ意味合いの質問を何回も何回も…呆れますわ。特に、確かテレ朝の女性記者の訳の分からん仮定を持ち出した質問なんかは酷い物で、流石にこれは代理人の方がカットに入ってましたね。

大変レベルが低い。
テレビ局に入社して記者になる様な連中なら、それなりにお勉強が出来ていい大学出てるんだろうに、結局このザマなのか、と思いますわ。

そもそも、日大選手の事をこの前代未聞な謝罪会見で「彼もある意味被害者なんだ」的な、悲劇の主人公的に日大選手を語ってしまうのがそもそもおかしい。酷い物言いに聞こえてしまうかも知れないのを承知で書きますが、監督やらコーチの指示があったにしてもなかったにしても、危険なタックルを仕掛けたのは彼自身。彼がこの事件で今現在痛感しているであろう後悔の念は、彼自身がそれこそ墓場まで持っていかなくてはならない物の筈。それなのに、周りの…しかも野次馬レベルの第三者が岡目八目的に「彼は悪くない」「アメフトも続けるべきだ」的な事を言うのはただの無責任ですわ。何より、彼の謝罪を不必要に美談にしてしまうこういった野次馬達の言葉は、巡り巡って彼の為になりません。絶対に。

元を正せばこの事件、発端からして判断能力を失っていた云々はともかくとして、監督やコーチの言葉に有無を言わさず従ってしまった彼の心の弱さが大本にある訳です。それなのに、それに付け込むようにして自分達が望む形の言質を引き出そう引き出そうという記者達の性根、自分達が今叩いている日大アメフト部の監督達と変わらんのではないか?

一つ彼にとって救いがあるとすれば、謝罪会見でそういった記者達の思惑に彼が乗らなかった事でしょうか。これは単に彼自身が自分で考えて言葉を発していた事に他ならないでしょうからね。

しっかしね、この事件、現代の日本の縮図に見えてしまいます。

という事で次回に続く予定です。

No.301




 ■ 2018年5月11日(金)
    ++ 時事ネタ   

 

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/0423/845841.htm?g=01

仮にさ…このパートを始めた40歳主婦の人に、同じ事を「終わったら10万円払う」って言ったら絶対やると思うんだよな。1人で持てなければ誰かと協力でもして、時間をかけてでも。

要するにさ、この件は間違った男女平等とかそういうものではなくて、ただ単にパートを始めた40歳の主婦が甘ったれてるだけだと思うんだわ。自分がやりたくないのを誤魔化す為に「昔は若い男が重い荷物を持った」だの「男性と女性では体の作りが違う」だの屁理屈を言ってるだけですわ、ええ。

間違った男女平等だの何だの言う以前の話だわね。楽したいだけなんだよ、アンタは。

そもそも、この人の言う「昔は若い男が重い荷物を持った」とかっていうのは、男が女の人に対しての感謝、言わば優しさなんだよな。家事や子育て、雑用とかを率先してやって、文句も言わず日々尽くしてくれるから、力がない女の人では大変だから重い荷物くらい持ってあげますよ、運んであげますよ、という、言わばギブアンドテイクの一環だったんですよ。

でも今はどうでしょ。確かに間違った方向に進んでますよ、男女平等は。
自分は奥様仲間と豪勢なランチ楽しんでる傍ら、旦那は小遣い少ないから牛丼チェーンとか立ち食い蕎麦でワンコインランチ。神経すり減らして夜帰宅すれば、家事や育児を手伝えだの休みの日位どこかへ連れていけだの。給料が入ってもドコソコの旦那は奥さんに何を買ってくれただの遠回しに安月給を突っつかれる。挙句の果てには定年したら離婚してくださいと来たもんだ。いや、下手すりゃ保険かけられて殺されちゃうんだぜ!?

あ〜私ゃ結婚してなくて良かったわ。老後に心配なのは野垂れ死ぬ程度の事しかないもんな、いやマジで。

そんな男女の関係が蔓延している世の中じゃさ、男も女に優しくなんかなれねぇよな、なかなか。

…とゆうかさ、この40歳主婦の件に関しては、普段の言動とかがあるから若手男性社員もいい顔しなかったんじゃない?根本にあるのはそこだと思うんだよな。

No.300




 ■ 2018年5月3日(木)
    ++ 漫画1600選   

 

1529.「喰霊 追儺の章 The Soul Eater Cursed Girl」 瀬川はじめ …スピンオフ度 80%
「喰霊」のスピンオフで、京都を舞台に、恋した相手を不幸にしてしまう呪いにとり憑かれた女子高生・滝口ツイナを主人公とした短編。彼女が転校先で一目ぼれした相手は超自然災害対策室の退魔師・帝で、彼と同じ道を歩むためツイナは退魔師の飯綱に弟子入りして…という作品。本編が気に入ったファンへのサービス的な意味合いが強いかも。
ツイナ:だから私、後悔しませんよ。先輩をスキになったこと…

1530.「東京ESP」 瀬川はじめ …心霊から超能力に、度 90%
元刑事の父と極貧生活を営む女子高生・漆葉リンカ。彼女はある日遭遇した空飛ぶペンギンを追いかけているうちに空を飛ぶ光る魚の群れを目撃する。その内の一匹がリンカの体内に入り込むことで彼女はあらゆるものからすり抜けられる能力に目覚め…という放課後サイキックアクション。二部構成なっていたり扱う舞台装置等は異なれど、物語の中身は前作の「喰霊」にクリソツ。そこをマンネリ的に捉えるか安心感と捉えるかで評価が変わるかも。個人的には前作よりは好みだったりします。
リンカ:お父さんと、磨き上げた蹴りもある

1531.「東京ESP×喰霊 シャドウウォーカー」 瀬川はじめ …意外と違和感なし度 89%
タイトル通り「喰霊」と「東京ESP」のクロスオーバー作品で、妖魔vs退魔師vs超能力者、という混沌とした設定ながら、両作品が同じ作者でかつ中身も割と似ているせいか、案外違和感なく収まってしまっている作品。リンカと神楽は実は幼少期のクラスメイトで、超自然災害対策室の岩端とリンカの父が従兄弟だったりと明かされますが、それすらも割と受け入れられてしまうある意味不思議なクロスオーバーかも。
竜胆:ダメだ。俺には、アンタと同い年くらいの娘がいる



No.299




 ■ 2018年4月29日(日)
    ++ 漫画1600選   

 

1524.「シティーハンター ダブル・エッジ」 北条司 …ヒロインの顔は描き分けられてないけど美人、度 97%
ゼノンコミックスが出した北条司先生の短編集で、読み切り版の「シティーハンター」2作品が収録されています。「ダブル・エッジ」「XYZ」共に連載版でこれらをベースにしたであろうエピソードがあるのが分かったりしてファンならニンマリしてしまうかも。他にもファンタジーっぽいものから家族愛をテーマにしたものまで割とバリエーションが豊富。個人的には吸血鬼を題材にした「TAXI DRIVER」がお気に入りです。
美津子:わたしワクチン作らなくてもいいかな?

1525.「今日からシティーハンター」 錦ソクラ 参考書:北条司「CITY HUNTER」 …一応異世界転生モノ?度 90%
「シティーハンター」を愛してやまない40歳独身OLが高校生の頃の自分に戻って「シティーハンター」の世界の、リョウや香のいる新宿へ転生してしまい、藁にもすがる思いで新宿駅の伝言板に「XYZ」と書き込むと彼が現れて…というスピンオフ作品。所謂「なろう系」とかで多い異世界転生ネタでも、漫画の世界に主人公が転生する…というのは無かったんじゃないかと。漫画好きなら一度は考えるであろう「作品内への転生」を実際にネタにしているのがユニークです。また「北斗の拳イチゴ味」と同様作画が本人が描いていると思ってしまうレベルで原作そっくりで、基本の展開は原作ママ、とそこかしこに原作へのリスペクトが感じられる作品です。リョウ達に出会ってすぐ起きるのが、美樹初登場となる海坊主の依頼、というのも良いチョイスかと。今後はリスペクトが過ぎて主人公がいるだけにならない事を期待したい作品。
リョウ:この競馬の次のレース…どの馬がくるのか占ってくんない?


1526.「バスルームのぺペン」 川西ノブヒロ …ヤンジャンの癒し枠、度 98%
山から人の住む都会へやってきたペンギンそっくりのカッパ・ぺペン。彼と暮らす事になった海野家の面々を描いたハートフルUMAコメディ。「侵略!イカ娘」と同様主人公のマスコット的な可愛らしさが魅力の漫画で、登場人物が善人ばかりで毒の無い、ほのぼのとした優しい作風になっています。疲れた時に読むと、なんだかホッと出来るカンフル剤の様な魅力がある1本です。
ぺペン・レインコートな

1527.「MF GHOST」 しげの修一 …人間は下手、度 90%
公道最速漫画「頭文字D」とは地続きである事が伺える近未来レース漫画。といっても「サイバーフォーミュラー」的なマシンがデッドヒートを繰り広げるのではなく、電気自動車の普及で絶滅を待つばかりとなったという設定の現行のクルマの最後の花道的な公道レースが日本で開催されていて…というちょっと捻った形に。主人公が駆るのもAE86から現行の86になってます。国産車ばかりだった「頭文字D」とは違い、ポルシェやフェラーリ等も登場します。ただ…この作者、「バリバリ伝説」の頃からクルマやバイクはともかく人が下手でなぁ…。
史浩:いたんだよ例の…藤原の教え子が!!

1528.「喰霊 the enchained spiritual beast」 瀬川はじめ …退魔度 80%
霊が見えてしまうが故に人づきあいに齟齬がある高校生・弐村剣輔。彼はある日、白い怪物を使役して悪霊と戦う少女・神楽と出会い、彼女と共に環境省自然環境局超自然災害対策室の見習いとして戦う事に…というノンストップ放課後退魔アクション。アニメ化もされましたがそのままのアニメ化ではなく漫画の前日譚となっています。キャラクター設定や物語の展開、作中の雰囲気なんかは「夜桜四重奏」とかに近いかと。
マイケル師匠:愛の力を信じるのデス

No.298




 ■ 2018年4月28日(土)
    ++ 時事ネタ   

 

http://yakyusoku.com/archives/15751

こんな事をいちいち調査して悦に入ってる様なテレビ局、益々ネットなんかでは「マスゴミ」なんて非難されている訳ですが、この本質ってのはもうずーっと続いているんだよね。なんせ、安倍総理が前に総理に就任した時も、総理の自宅と思しき所に押しかけて「安倍総理のアイス好きの真偽」について今を時めく(笑)昭恵夫人がインターホン越しに記者の質問に

「お気に入りのアイスが無いと不機嫌になる」

なんて答えていたのを思い出しますわ。
しっかし…しょっちゅうネットとかでやってる事にケチがついている番組の筆頭というか、最早見本のような「アッコにおまかせ」も中々番組終了にはなりませんな。吉村さんとかが出ていた頃は面白かったんですが、今じゃゲスなクソワイドショーになってますからな。やっぱり、司会者の所属事務所のご威光とかあるんですかね。

それと、TOKIOの山口メンバーの件ですが…女子高生に云々以前に、ニュースとかでもいちいち「山口メンバー」という風に言うのは何でなんですかね。例えば、秋元軍団の誰それが何かやった、なんてニュースの時は「誰それメンバー」という言い方はしてない気がするんですが…何故なんでしょう。

しっかし、各種不倫騒動の時もそうなんですが…例えば今回の件で言えばTOKIOの他のメンバーがコメント出すのは良いとして、何で共演してたり仲が良かったのかもしれないけれど、「なんであんたが」と思ってしまう様な人まで何だか色々言い出すんですかね。

そもそも今のテレビ欄、1/3位はタレントに何か分かってる様な事言わせるワイドショーじゃねぇか、と。そうなると出てるタレントによって意見が違うだけでやってる事はどこも一緒、しかもよくよく考えれば話題自体も何といいますか、下種な話題が殆どな訳でね。

それで各テレビ番組で誰それが言った事を、ネットニュースがまた取り上げるでしょ。「何月何日『なんたら』の番組内でタレントの誰それが何々についてなんか言った」ってのを一々一々…はぁ〜何やってんだか、くだらねぇ。

テレ朝の「相棒」とか「科捜研の女」とか「9係」とかの再放送がそこそこの視聴率取っちゃうのも、裏でやってるワイドショー番組に「くだらねぇ」と思っている人が決して少なくない証拠な気がするんですわ。

ビートたけし氏が、テレビがつまらなくなったのは視聴者が「客」じゃなく「批評家」になっちゃったから、テレビがいちいちパイ投げした後に「この後スタッフがおいしくいただきました」なんてテロップ入れなきゃなんなくなる…的な事を何かの記事で発言していたんですが、そうじゃねぇだろ、と。そういう風にテレビの視聴者がなったのは、なんてことはないあんたらの真似をしているから、なんじゃねぇの?と。そしてそれは別に今に始まったこっちゃない。しいて言えば、ネットの普及で情報とか意見が拡散するスピードが上がった位なもんでしょ。

何のことはない、テレビがつまらないのは、わざわざ見たいとは思えない「くだらねぇ」番組ばっかりだからだと思うんですわ、ええ。

No.297



1杯19円!簡単便利なドリップコーヒー、インスタントにさようなら。

携帯メールを送るだけで日記を更新・RSS対応



No. Pass 
Pass

     ++無料レンタル日記-21style++  参考:mkakikomitai Created by Tacky's Room