[ホーム]




 ひとりごと(日記らしきもの)




画像が貼れて絵が描けるカレンダー付き日記をつけませんか?月額190円!

レンタル日記 [毎日の日記の感想を書いてもらえる感想レス機能]


 2019/3/19(火)
 好きなこと数えてみたら   
No.646
あまりに久しぶりの更新で
肩をすくめながら。。。

新聞の俳句欄に○をつけて切り取って
あったお気に入りの「俳句」を
お口よごし&お目よごしに
というか
日記なんだから何でも
いいんだけど


・年ごとに風邪の治りの悪かりし
   (宮坂 美恵子)

加齢したら抵抗力落ちて若い頃は
3日で回復してたのに今じゃ一週間
たってもぐずついて。


・足跡が海を見ている冬の海
   (青野 伽葉)

海辺、まだ消えずに残っている靴の跡が
まっすぐに海を向いている、どれだけの時間
ここにたたずんでいたのだろう。

想像力が働く

・草の絮(わた)兵士のように飛び立てり
    (高田 知子)

草の穂綿が、ふぃと飛び立った
ふわふわと風におまかせなんだけど、
飛び立つ時はある力の風が要る
スックとその元の草から離れて
飛んで行く


・また一人詰める屋台のおでん酒
   (物江 里次)

屋台ののれんを指でよけておずおずと
覗く顔あり。沈黙の了解で狭い屋台の
ベンチの場所を空けてあげる
客たちの温かさ、湯気がふわ〜
今夜も酒が旨そうだ


・春光や老いの手もはや隠せざる
   (山澄 陽子)

明るくなってきた春の光を嬉しがっていたら
その光の下の我が手に気づく。どうしたって
隠せないシワだらけの手。
共感した。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


3月半ばを過ぎた。

花粉症ひどくはなくて
有り難い
体調もそう悪くはない
有り難い

有り難いの反対は
当たり前

当たり前に思っていては
いけない「今日の今」を


ありがとう

回りの家族 友だち 仲間

好きなこと 気に入ってる小物

縁あって気持ち手元に
引き寄せたこと

映画 本 お花 パソコン
メランジェ ボランティア
ライ麦トースト(笑)


季節を楽しめる今の自分
すべてに感謝している
それを今日、書けたことへの
感謝で「ひとりごと」


 





 2019/1/26(土)
 お気に入りの句   
No.645
今月の初め頃に切り抜いた
新聞の俳句欄

・冬枯れの庭に椿の赤子かな
(モーレンカンプふゆこ)

枯れ色の庭に、椿がポトンと
落ちて、それもまだつぼみだよ
どしたんだ?


・冬帽子目深に誰と遭ふつもり
  (伊藤 玉枝)

冬の帽子は防寒のためもあって
スポッと目深にかぶれる
顔を隠すこともできて
誰に逢いに出かけるの?
これは自分に、それとも
誰かに言ってるのか?


・面会を拒みし友や寒木立
 (東 兼三郎)

親しい友だろう、見舞いに来たら
会わないと言われた。多分。
重い病気で会いたい風貌でなくなり
そんな気にもなれず。健康な人とは
会いたくない、思いわかる
そんな友人を思いやっている


・外出の妻のショールを直しやる
 (松永 朔風)

妻が「行ってくるわね」
見送ろうと玄関へ出たら
着物姿の妻のショールが少し
ゆがんでいる。
ツイと手をだして直す、
それだけの句。

深い信頼感が伝わる


・二つ三つ風邪に飛びたる予定かな
 (田中 南獄)

風邪を引いて寝込んでしまった。
元気ならあれとこれを予定していた。
それがどれも、キャンセルになった。
残念だった、単なるそれだけの話。

でも、ありがちよね、と心に残る。


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


朝日新聞の俳句欄1月13日より
転載させていただきました。

まだまだ寒い。
水仙が咲き始めて
風に倒れているのを
摘み取ってコップに差して

キチンの隅に、いい香り
 





 2018/12/12(水)
 サングラス   
No.644
高校生時代から、
コンタクトレンズで
紫外線が苦手。

旅行や運転はサングラスが
手放せなかった。

海外でもよく無くすので
いくつも持って行く。

列車や船でうとうとして、
降りる時に、慌てて。
ここに置けば忘れないと思う
座席のそばの窓辺に置いといたのに
バッグを手にしたら
すっかり忘れて。

すぐに思い出して、戻っても
ないこと多い。

安いものからちょっと値が張るものまで
これまでいくつのサングラスが私の
手元にきたことだろう?


最近は。

グラスオングラス。
めがねの上からかけるタイプ。
友人が旅行先で買ったのを
見せてもらって、こりゃあ、
いいわと。

土岐のアウトレットに
そのメーカーのがあると確認して
友人と買いに走った。

プラスティック製で、軽くて
大変お気に入り。

運転の時、外出の時、
マレットゴルフの時、使う。
年中、使う。

陰に入るとはずして、ポケットへ。
また出してかける、を繰り返して
いたら。

数ヶ月前、小さなネジが取れて
ツルが外れた。

う〜む。
インターネットで調べたら、大阪に
日本支店があったので、問い合わせ。
2mmくらいのネジを二つ組
無料で送ってくれた時は、
ちと、感動。

四苦八苦して取り付けた。
(こういうの、意外と私
器用なる)

そのサングラスが、壊れたのは
先週。試合の前にダウンジャケットの
ポケットから出す時にポキと折れた。
私の使い方が荒っぽかったのは
重々、承知。

どうしようか、勿論、車には
めがねにチョンと挟むタイプのも
めがね屋さんで買って、2個あるし。

(ボヤイていたら。
15年以上前。釣り好きだった相方。
波がまぶしいから一つ買って
持っていたのだと、もう要らないから
お前、使えばいいと出してくれた。
物持ちいい!でも、それほぼ透明な
夕日色。もっとダークな色でないと)

もう一つ
グラスオングラスとして通販で
購入したものもある。
けど、男女兼用とて、ゴッツクて
○クザの出入りの姐さんじゃ
あるまいし。
(女性ぽさにほど遠いランタナの
顔に、似合わない)

しばし思案。
インターネットで探したら
クダンのものがネット販売していた。

これでいこう。
送料かかるけど。

一年以上、よ〜く使いました。

やってきました。いい感じの
ケースにおさまって。

それ?
「I ZONE NewYORK」って
いうんですけど、ね。

ランタナ御用達
サングラス
ご紹介。
 





 2018/11/4(日)
 ボヤく   
No.643
「んもう」
ボヤクことの多い昨日、今日。

肌寒くて、人生、はかなんで
しまうような今朝の気温。

そうはいってもイソイソと
「ニューパソコン」の前に
座るのを心待ちにして。

この子の電源ボタンは
裏側についているので
手探りでそっと押して
やると小さな音で
ゆっくりと目を覚ます。
画面が立ち上がる。

キーボード納める台を引き出したら
コロンとマウスが転がった。
絨毯の上に。

拾い上げたら、青い光を
発していない。
ということは、反応しないと
いうことだ。

おいおい!

やっと快適にサクサクいくように
なってきているのに、だ。

on、offやってもダメで。

こういう時はしばらく、時間を
おいて考えよう。

出かける用事があるから、
メイクして。

ん〜疲れた顔しとんなぁ。

待てよ。USBつながっていないのだから
電池がちょいはずれているのかも、と
口紅を筆につけながら思った。

フム!

後ろ側の蓋をそっと外して
みて、電池を触るとコトンと
小さな音がして入り。

青い光が・・・・

ん、もう。

こんなことしてんだよね。

戸惑うと、こんなことでも
すっとわからない&できない。

若い頃から、早とちりで、
タカククリ。
石橋をたたかず、渡り始める
落ちたら、あれま!
落ちたわとびっくりする
くらいなヒトだったから

じっくりということばが
似合わない。

いつも何かあるたびに
「落ち着いて焦らずに、時間を
かけて考えよう」と反省するのに

反省はいつもハンセイしたという
ポーズに終わってしまう。

解決した、書くほどでもない
ことを慣れるためもあって。内緒で
ここへ。

あ〜ん、この「ひとりごと」の
記入画面のフォントが小さいよ〜。

どこでなおすの?
 





 2018/9/26(水)
 歌壇より   
No.642
大き目の新聞切り抜きを見つけた。
「歌壇と俳壇」のページ。
日付は今年2月と先週のもの。

朝、そのページだけ切り
午後の珈琲タイムの
アテ&楽しみ。

短歌のいくつかの
上に〇がついている。
そうか、これに惹かれたのね
その頃、私。


・食べてるか眠れるかごみ出してるか
無理して笑っているんじゃないか
     (伊藤麦緒)

遠くに住み始めた子に心を寄せて
実感こもってうなづける。
さだまさしの「案山子」を
彷彿とさせる。



・遺されてしまえば生きるしかなくて
強いと言はれ思はず笑ふ
    (森嶋 雪)

夫婦は、どちらかが先に逝く。
連れ合いが逝って一人暮らしの
私に「強いわね」と人がいう。
生きてくっきゃないじゃないの
という苦笑



・新雪にぬきさしならぬ用ありと
犬の足あと猫の足あと
    (山崎みさを)


まあたらしい朝の真っ白な雪
誰も歩いていない新雪の上
犬、猫のそれとわかる足跡が

「冷たいし、寒いけど
いやぁ、あっしたち
用事ありますんで」みたいな
ユーモアのある歌



・目閉じればとおいとおい日囁かれし
〈帯は解くもの〉耳朶(じだ)焔立つ
     (平加ミチコ)


ほぅっ。
濃密な一瞬。
囁かれたあの日の鮮烈な時間は
どれだけ時空が変わっても
消えない
「ことばとひととき」は
人の宝物にもなりうる


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


次は先週のもの

・妻よ何が不満掃除機ひつくり
かえつたまま引こずつてをり
   (岡元稔元)

あるの。知らない?
掃除機ってあちこちやっていたら
ひょいとひっくり返る
ホースでひっくりかえそうにも
いうこときかないの。んもう

別に不満じゃなくて、
めんどくさいだけ、
ひっくりかえっていても
ちゃんと吸い取ってるんだし



・〈ボニータ〉と名付けた栗鼠を
飼い慣らし膝で餌をやる
獄庭(にわ)の木陰に
   (郷 隼人)

アメリカの死刑囚、郷さん
ファンが多く日本にもサイトがある。
外国には野生の栗鼠が多い。
電線伝ってどこにでも行く。

手のひらからピーナッツ食べにくる
栗鼠、ロンドンにもいたわ。
友だちが毎日通って慣れさせたの。
ヒョイヒョイと手からピーナッツを
取って食べてたわ。

ボニータ、名前もアメリカぽい
小さな慰めのひととき。



・丁寧に朝食つくり送り出す
あとはおのおの頑張りたまえ
    (東大路エリカ)

これこれ。母はこども、夫を
きちんとした朝食を食べさせて
あとは、もうおのおの行く場所で
やるしかないんだという
オトコマエな歌。共感!



・シュロの葉を団扇のように編む父の
蠅叩きありき夏の香のせり
    (猪野富子)

60年くらい前。
リウマチの祖父が作っていた。
田舎は、蠅が多かった。
食卓にたかる蠅をやっつけるのを
仕事としていた。

ピシャンとやる時
軽くしなるのだ



・雷鳴を恐れる犬に話しかけ
背中摩(なず)れば安らぐ我も
   (非々 玲子)

犬は雷の音が怖い。
昨年夏、夜中の雷にパニック
飛び出してしまったゲン。

半日以上行方不明だった。

この人は背中なでて
ダイジョウブだよと言いながら、
自分も安らいでいる

ワンコはそのぬくもりと
存在だけで慰めをくれる
「愛のかたまり」

 




簡単にタグが打ち込める掲示板で楽しみませんか?月額190円!

レンタル掲示板 [豊富な荒らし対策・充実の宣伝書き込み対策]



No. Pass 
Pass

     ++無料レンタル日記-21style++